斎藤淳容疑者の犯行動機は近隣トラブル?計画的犯行の理由3つ!

斎藤淳容疑者 犯行動機

2022年12月25日、埼玉県飯能市の住宅で男女3人がハンマーのようなもので殴られて死亡するという事件が発生しました。

犯人は事件後に逃走していましたが、現場近くに住む無職の男性、斎藤淳容疑者が自宅にいたところ逮捕されています。

3人もの人々を立て続けに殺害した斎藤淳容疑者の犯行動機は、一体何だったのでしょうか。

斎藤淳容疑者の犯行動機や計画的犯行の理由についてまとめています。

斎藤淳容疑者の犯行動機は近隣トラブル?

2022年12月25日、午前7時過ぎに埼玉県飯能市美杉台の住宅の敷地内で、住人の60歳代の夫婦と、その娘とみられる男女3人の遺体が見つかりました。

頭や首など上半身にハンマーのような鈍器で殴られたような痕があり、同日の夜に、現場近くに住む無職の斎藤淳容疑者(40)を、殺人未遂容疑で逮捕しています。

斎藤淳容疑者は、犯行動機について「話したくありません。」と供述について拒否しているようです。

斎藤淳容疑者宅と被害者宅は、数十メートル程しか離れておらず、近所間のトラブルがあったのではないかと考えられています。

引用元:Twitter

斎藤淳容疑者が計画的犯行の理由3つ!

斎藤淳容疑者の犯行動機については解明されていませんが、計画的犯行だったのではないかといった声がありました。

計画的犯行とされる3つの理由についてみていきましょう。

斎藤淳容疑者が計画的犯行の理由①犯行時刻

斎藤淳容疑者が計画的犯行と言われる理由の1つ目は、

犯行時刻が午前7時だから。

犯行日は2022年12月25日の日曜日と休日でした。

また、時間帯は午前7時過ぎと朝の早い時間帯です。

クリスマス当日ですので、仮に外出の予定があったとしても、外泊している以外では朝早い時間帯には家にいる可能性の方が大きいものと考えられます。

必ず在宅している時間帯を狙った、計画的なものだったのでしょうか。

斎藤淳容疑者が計画的犯行の理由②前科

斎藤淳容疑者が計画的犯行と言われる理由のつ2目は、

前科があった。

実は、斎藤淳容疑者は2021年に被害者の車を傷つけ、器物損壊罪で逮捕されていたことが発覚しています。

敷地内に停めていた被害者の車に、刃物やドライバーのようなもので傷をつけており、修理代には100万円程がかかったといいます。

100万円の修理代がかかるほどに傷を付けられていたということですので、以前より良好な関係性んはなかったことがわかります。

また1年前のことを逆恨みして、犯行を計画的に練っていた可能性が考えられます。

近所の人は「あそこの家は、1年前に車を傷つけられたっていう事件があった」「同じ車2回もやられてるから、これ特定の人なんじゃないのって。被害に遭わないように防犯カメラをつけていた」と話す。

引用元:FNNプライムオンライン

斎藤淳容疑者が計画的犯行の理由③火をつけた

斎藤淳容疑者が計画的犯行と言われる理由のつ3目は、

被害者宅に火をつけた。

被害者宅では火災が発生しています。

住宅は2階建てで、1、2階の計30平方メートルを焼けています。

斎藤淳容疑者が被害者宅に火をつける準備をしていたのでしょうか。

火災の原因は明らかにされていません。

斎藤淳容疑者の犯行動機は近隣トラブル?計画的犯行の理由3つ!~まとめ~

埼玉県飯能市の住宅地で起きた殺人事件。

殺人未遂容疑で逮捕された斎藤淳容疑者の犯行動機や計画的犯行と思われる理由についてお伝えしました。

クリスマスの朝に起こった悲惨な事件。

犯人が逮捕され安堵できるものの、3人もの人を殺害に至った経緯はしっかりと解明指定ってほしいですね。

被害にあわれた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です